USA Diary

August, 2014

Home Prev Year Prev Month Curent Next Month Next Year
8月31日(日)8月も今日で終り。今年の8月は金曜、土曜、日曜日がそれぞれ5回ありました。これは823年に一度しかないのだそうです。特別な月でしたが、無事に終えることができたことを感謝しています。
8月30日(土)いつも行くガスステーションがずいぶん混んでいたので、別のところに行きました。ついでに店に入ったら、チェックアウトに長い列ができていましたので、何も買わずに帰ってきました。土曜日はめったに買い物をしないのですが、月曜日がレイバーデーで休日になるので人が多かったのかもしれません。月曜日は私のデーオフで買い物日ですが、休日になるときはあまり行きたくありません。私も家内も混んでいる店は好きではありません。
8月29日(金)今回は月末なので週報のほかに来月の予定表なども作りました。私どものように小さい教会では、直前にならないと決まらないことが多く、予定表をつくるのも楽ではありません。大きな教会では予定をしっかり組んでいないとものごとが進みませんので、むしろ予定表の作成が楽な場合もあります。
8月28日(木)8月14日はまきしみりあマキシミリアノ・コルベ神父の殉教日でした。そして、8月27日はアウグスティヌスの母モニカの記念日、28日はアウグスティヌスの記念日、そして29日はバプテスマのヨハネの殉教記念日です。信仰に生きた多くの人々を覚えるこの月ですが、今年は、日本のキリシタン殉教者たちの記事を読んでとても感銘を受けました。アメリカで「迫害」や「殉教」のことをとりあげるのは難しいのですが、平和で自由なときこそ、信仰のために闘った人々のことを忘れてはならないと思います。
8月27日(水)射撃場で八歳のこどもが撃った弾丸でインストラクターが死亡するという事故がありました。亡くなられた方にはほんとうにお気の毒ですが、八歳のこどもに射撃を教えること自体、おかしなことだと思います。身近なところで怖い思いをしたことはありませんが、銃にまつわる事件・事故のニュースは良く聞きます。こうした痛ましいことが繰り返されない手立てが必要かと思います。
8月26日(火)ひさしぶりに「小教会の牧師たちの会」に行きました。常連の方たちとともに新しい方々とも会えうれしく思いました。この会はいつも第四火曜日に行われるのですが、来月はリトリートのため第五火曜日になります。リトリートにも参加したいのですが、まだ予定が立たないので、まずは一日リトリートに参加してからと思っています。
8月25日(月)ひさしぶりにトレーダー・ジョーに買い物に行きました。カリフォルニアでは教会のすぐ近くにあってしょっちゅう行っていました。オーガニックとまではいきませんが、健康志向の品々や他の店にはないものがあって、楽しいところです。
8月24日(日)きょうのプロジェクトミーティングでは運営委員会の記録をプリントし、それにそって進めてもらいました。しかし、英語を話す人たちには日本語だけではあまり役立たないかもしれません。英語を話す人たちにも、「自分の教会」という意識をもってもらいたいので、次は英語で用意しようかと考えています。
8月23日(土)尊敬する加藤常昭先生の奥様、さゆり先生が亡くなられたとのメールが届きました。晩年は舌の癌のため苦しまれたと聞いています。先生ご夫妻がサンタクララ教会を訪ねてくださったことは、私にとって貴重な学びのときで、私の神学上のひとつの転機にもなりました。先生ご夫妻にお会いできたことは私の生涯の思い出となることでしょう。
8月22日(金)ケアホームにアルツハイマーの方をお訪ねしました。その後は教会で週報の作成をしながらエアコンを修理してくれる人を待ちました。6時までに行かなければならないところがあったのですが、修理が5時40分に終り、なんとかぎりぎり間に合いました。
8月21日(木)日曜日に降った雨にもかかわらず、木も草も水不足でぐったりしているようです。日本では大雨で、広島には大きな被害が出ていると聞きました。何事も、多くても少なくてもうまくいかないようです。
8月20日(水)今朝、ヤードの草を刈らなければと思いながらできませんでした。今週は気温が上昇するので、朝早くでないと暑くて作業できないからです。バックヤードの塀にからまっているハニーサックだけトリムしておきました。
8月19日(火)今年中に、ライトレールトレインがダラス・フォートワース空港まで入ると聞いていたのですが、8月15日に予定よりも早く開通しました。私たちのいるところからですと一時間くらいかかるのですが、空港に向かうフリーウェーは工事中で混んでいて、車でも結構時間がかかるので、トレインでゆっくり行くのも良いかなと思います。料金は $2.50 で、私はシニア割引で $1.25 です。タクシーやシャトルを頼めば $40 かかりますから、ウソみたいに安い料金です。
8月18日(月)ATT のサービスが来る前に電話とインターネット、それにテレビも回復しましたので。サービスの人にくわしくみてもらっても良いのですが、多忙な中でサービスの人につきあうのもたいへんなので、明日のサービスはキャンセルしました。
8月17日(日)ひと雨欲しいと願っていましたら、きのうときょう雨になりました。今朝の雨はかなり強く、教会に来ようとした人が道路が冠水していて来れなかったという残念なこともありました。雨のせいか、インターネット接続が不安定になりました。サービスを頼みましたが火曜日まで来てくれません。電話もよくつながらないのはとても困ります。
8月16日(土)きょう、教会を外部団体に貸出しましたが、冷房の調子が悪かったそうです。木曜日にも調子が悪かったので、金曜日にサービスを頼んだのですが、どこも悪くはないということでした。ちょっと不思議ですが、なにか原因があるはずなので、良くみてもらおうと思っています。
8月15日(金)VBS 最終日にはウォータースライダーを借りて水遊びをしました。これは小さいこどもには無理だったようで、小さいこどものためにはちいさなプールでの水遊びをしました。来年は、小さいこどものためのものを考える必要がありそうです。
8月14日(木)教会に寄贈していただいた 40インチクラスのテレビを、キャスターのついたスタンドにとりつけて VBS で活用しています。このスタンドは頑丈にできていて、もっと大きなテレビでもとりつけられます。プロジェクターとスクリーンを使うより、画面が鮮明で良いかもしれません。火曜日はこれで脳の手術の動画を、きのうはノアの方舟の一部と思われる材木が回収されたというビデオを見ました。きょうは、私がお話しの担当だったので、スライドを使ってお話しをするはずだったのですが、どういうわけかうまく動かなくなりました。けれどもそのあとの、賛美のプレゼンテーションの時にはもとにもどり、スライドで賛美の歌詞を見ることができました。
8月13日(水)VBS のおとなのクラスでは、自由な話し合いの時間も設けています。その中で、昼間の暑いときに、どうやってこどもを遊ばせたら良いかという話題が出ました。大きなモールにはこどもの遊び場がありますので、そういったところに連れていくなどの答えが出ました。例年よりは涼しいとはいえ、ダラスでは、おとなもこどもも外に出られるのは午前中だけでしょう。家内も、このごろは午前中散歩に出かけています。私は、ずっと忙しくしていて、このごろ散歩をさぼっています。
8月12日(火)VBS では親子礼拝のあとに、毎日、特別イベントを行っており、きょうは脳外科医からくも膜下出血の治療についてのお話しを伺いました。こどもたちが「脳」の話しを静かに聞いてくれるかどうか心配しましたが、スライドや動画を使って、こども向けにわかりやすく話してくださり、みな興味を持って聞くことができました。
8月11日(月)きょうから VBS がはじまりました。わたしたちだけでは奉仕者が足らないので、他教会からの参加者の方にも助けをいただいています。けれども、将来人材が加えられても、日本語教会が交流し、奉仕を共にすることは大切なことと思います。
8月10日(日)礼拝ではヨハネ15章からお話しをしています。9月14日に一日リトリートがあるので、そこでヨハネ15章から学んだことを、みんなで分かち合い、それを具体化していきたいと考えています。「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝」と言われたキリストとキリスト者、あるいは教会とのいのちの結びつきが、実生活に反映されるようにと祈っています。
8月9日(土)娘の職場では、お客さんから質問や苦情があって、その人を担当者に紹介するとき、お客さんにもういちど質問、苦情を話させないよう、最初にコンタクトした人がお客さんといっしょに担当者のところに行って、用件をきちんと伝えるようにするというポリシーがあります。カスタマーサービスに電話をして、受付から担当者へとたらい回しされるたびに同じ用件を話さなければならないことがよくあります。お客さんにそんな苦痛を与えないというのが、カスタマーサービスの仕事だというのですが、なるほどと思いました。
8月8日(金)娘が仕事をはじめることになり、今週はきょうとあすがトレーニングです。仕事のスケジュールが急に入ったため、きのうはユニフォームとして履くパンツを買いに行ったりしなければなりませんでした。
8月7日(木)木曜日は礼拝メッセージの準備の日で、この日のうちに原稿を通訳の方に送らなければなりません。今、通訳者が足らないので、最悪の場合、英語原稿も自分で用意しなければならなくなるかもしれません。賜物のある方が与えられるよう願っています。
8月6日(水)教会に「施設にいる母親を訪問してほしい」との依頼がありました。VBS が終わったら、その方と一緒にお訪ねするよう手配をしました。また、中東からと思える方から、日本人の奥さんのためにウィークデーの集会の問い合わせもありました。今、教会に集うことのできる人たちの数が減っていますので、すこしづつでも、新しい方が加えられるよう祈っています。
8月5日(火)先週連絡をいただいた方を訪ねました。十数年も音信不通でしたが、すぐに昔にもどることができました。こちらに引っ越してきたばかりで、まだまだ大変なことがあるようです。一日も早く落ち着かれますよう祈りました。
8月4日(月)8月になって暑くなってきたとはいうものの、例年よりも涼しい夏で助かっています。来週の VBS のころにはもう少し気温が上がるとのことですが、ずっと暑い日が続かないかぎり、一日二日気温が上がっても、そんなに暑くは感じないものです。わが家の非力な冷房も、この程度の暑さなら、なんとか動いてくれますので、助かっています。
8月3日(日)きょうの昼食時に日本に帰る学生のための歓送会をしました。フォーマルな形になりませんでしたが、最後に "Go in Peace" を歌い、みんなで祈ってしめくるることができました。みなさんが "Go in Peace" に親しんで、機会あるごとに歌ってくれたらうれしく思います。
8月2日(土)教会で明日の準備をしましたが、冷房を入れなくても大丈夫でした。11日から VBS が始まるのですが、スタッフの人たちが日本に行っていたので、そのための準備もまだ終わっていません。せめて私の分だけでも早くしておこうと思ったのですが、来週に持ち越しになりました。
8月1日(金)きょうも涼しい日となりました。あちらこちらから草刈りの音が聞こえますが、まだ草が濡れているので、草刈りにはかならずしも良い日ではありません。もう少し乾いてからにしょうと思っています。
Home Prev Year Prev Month Curent Next Month Next Year